季節の移ろい

季節がもたらす「まほろばの里たかはた」の自然の表情をコラムでお伝えしていきます。


山形県置賜地方の自然環境 topics

'18-09-17

住まいの目の前の、たわわに実った稲穂越しに飯豊連峰を眺める。

 

農家は、稲刈りの準備に大いそがし。

蕎麦の白い花も満開。


四季の表情

 

春は、大地が目覚めるとき。

草木や人は背筋を伸ばし、生き生きと

活動を始めます。

 

飯豊連峰の眺めは、格別です。

8月上旬まで、沢筋の雪渓を望むことができます。

 

夏は、日差しが強く、大地の鼓動が

高まるとき。

 

稲は、すくすくと育ち、お盆のころ

には、稲の花が咲きます。

 

秋は、何と言っても実りの秋!

 

木々は紅葉し、冬に向け葉を落とし、

雪の重みに耐える準備をします。

 

冬は、大地が眠るとき。

 

雪原を眺めていると、不思議にまちを元気にする構想が湧いてきます。